私たちは活力ある地域づくりをサポートします。

新着情報

11月22日(火) 「実地棚卸と在庫削減の基礎実務」

2016.10.03 新着情報

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 帳簿と現品在庫に誤差がある、現在の在庫状況が不明、不良在庫がたまっているなど、在庫管理の現場ではさまざまな問題がみられます。これらを解決するためには、市場の変化に応じて在庫状況を分析した上で、役割分担を最適化し、在庫を適正化する必要があります。本セミナーでは、在庫管理の現場を総点検し、在庫精度向上のための棚卸手法や、在庫拠点統合による在庫圧縮のポイント、多品種少量化時代に適合する発注システムについて、事例と写真・動画をもとに解説します。

セミナー内容

1.在庫管理の現場は問題が多い
(1)現金である在庫が軽視されている(経営風土問題)
(2)有効な在庫は意外と少ない(データ分析不足)
(3)在庫回転率の実態把握不足(要因分析不足)
(4)在庫問題の真因追求不足(要素分析と仕組み不足)
(5)発注ミスの真因追求不足
(6)実地棚卸方法(方法論未確立)
2.在庫管理の重要ポイント
(1)ロジスティクスにおける顧客満足度と在庫の関係
(2)現品管理と在庫マネージメント
(3)在庫は需要と供給のアンマッチ解消策
(4)高回転する在庫のみが経営に貢献する
3.棚卸はなぜ重要か
(1)決算には正確な棚卸が不可欠(会計上)
(2)帳簿在庫の不信を取り除く(日常運用上)
(3)在庫適正化には実棚精度向上が不可欠(在庫管理上)
4.棚卸を正確・迅速に行うには【事例紹介】
(1)事例企業の概要
(2)拠点統合の狙い(配送費・人件費・保管費の削減)
(3)棚卸の定義と特徴(会計上と業務改革上から) 
(4)棚卸の基本手順
(5)棚卸の事前準備のポイント
(6)立会計画と立ち会い
(7)不突合調査と増減処理
(8)棚卸資産の評価方法
(9)棚卸報告書の作り方
5.生産ラインの棚卸業務改善ポイント【事例紹介】
(1)棚卸環境の見える化
(2)棚卸項目の見える化(棚卸勘定科目整理)
(3)棚卸業務改善の見える化
(4)棚卸実施日までの推進計画表の見える化
(5)棚卸合理化促進テーマの見える化
6.在庫適正化のための発注システム改革
(1)製造業における在庫コントロール方式の見直しと部門最適化
(2)発注に必要なエレメントと補充発注計算のポイント
(3)「在庫リスク負担型」の業務工程の見直しとサプライチェーンへの改善の働きかけ
(4)リードタイム短縮のための全体工程の見直しポイント
7.企業経営における在庫高回転向上の意義
(1)貸借対照表と損益計算書の両面から在庫の意義を見直そう

開催日程

  • 日時 平成28年11月22日(火)10:00~17:00
  • 会場 伊予銀行本店南別館2階「セミナールーム」(松山市三番町5丁目10-1)
  • 締切 平成28年11月15日(火)
  • 定員 40名

講師

株式会社流通エンジニアリング 代表取締役 横山よこやま 英機ひでき

1967年中央大学法学部卒業。石油プラント会社(物流設備製造販売)にてシステム合理化プロジェクトを担当。システムコンサルティング会社に移籍し、物流コンサルティング部門GRP部長就任。1989年に株式会社流通エンジニアリングを設立し、現在に至る。物流戦略立案、物流センター開設、在庫削減、情報システム開発などで、メーカーから卸・小売業まで幅広い企業の指導に活躍中。実際の改善成果を踏まえた実戦的な指導には定評がある。独立行政法人中小企業基盤整備機構の経営支援アドバイザーを経験し、情報システムと在庫削減実績を持つコンサルタントとして評判が高い。

申込方法

申込方法申込書にご記入のうえ、FAXもしくはE-mailにて、お申し込みください。
「実地棚卸と在庫削減の基礎実務」申込書
受 講 料(消費税別、お1人当たり、含昼食代)

  • IRC会員 15,000円
  • 非会員  20,000円

申込受付後に、請求書、受講票を郵送いたします。
受講料は開催日前日までにお振込みください。
なお、当日キャンセルの場合は、受講料の返金はいたしかねますのでご了承ください。

申込締切平成28年11月15日(火)
その他定員になり次第、締め切らせていただきます。
会場へお越しの際は、公共交通機関のご利用をお願いします。

「松山市人材育成事業補助金制度」のご案内

本セミナーは、「松山市人材育成事業補助金制度」の対象セミナーとなっており、松山市内に事業所を有する中小企業又は中小企業団体は、受講料の一部について補助を受けられる場合があります。
対象要件等の詳細につきましては、松山市地域経済課【TEL:(089)948-6399】までお問い合わせください。

問い合わせ

〒790-0003 松山市三番町5丁目10番地1 (伊予銀行本店南別館4階)
株式会社いよぎん地域経済研究センター (担当:渡邊、水口)
TEL:089-931-9705 FAX:089-931-0201
E-mail:irc-ar3f@iyoirc.co.jp

 

ページTOPへ
Copyright©IYOGIN REGIONAL ECONOMY RESEARCH CENTER,INC.ALL Right Reserved.